ふみだせ_正方形

はじめまして。グロサイです🦏

こんにちは。
株式会社マイナビのグローバル採用企画事業室と申します。
これからnoteを活用して、グローバル人材の採用に関連したトピックをご紹介したいと思います。

 おかげ様で「マイナビ」という会社名の認知度も年々高まっており、初めてお会いする方に「当社も利用しています」と言っていただけることが多くなってきました。新卒・中途採用、アルバイト、またはニュースサイトといったサービスを利用いただいている方も多いのではないかと思います。

 私たちは株式会社マイナビでグローバル人材の採用を企画しております。
そもそも「グローバル人材とは?」という定義の曖昧さもありますが(改めてその定義については深堀してこちらで紹介したいと思います)各企画のユーザーとして想定しているのは、日本人留学生、外国人留学生といった方々です。

 こうしたある意味ニッチな対象の方向けの企画をどう考えているか、その背景を少し説明させていただければと思います。

労働人口の減少

 厚生労働省が発表する人口統計では、予測値ではありますが、2065年には日本総人口が8,808万人まで減少するという将来像が提示されています。特に労働生産人口の減少はそのまま「働き手の減少」を意味します。18~22歳の方の多くは高校や大学に進学するため、実際の働き手は、数字より少なくなります。

画像4

 人口減少は地方都市では早くも深刻な事態を迎えています。ある地域では、年々Uターン就職する学生も減少し、新卒採用を予定していてもそもそもの応募者が集まらないという危機的な状況とのことです。

 一方、その働き手として目立つようになったのが外国人です。政府の「留学生30万人計画」といった取り組みも後押しし、年々留学生の数は増加傾向にあります。

これはページ下の画像のみdatah30z_1suii

※平成30年度外国人留学生在籍状況調査結果

 具体的には文部科学省の事業に採択された旧帝大が中心となり、「英語による授業のみで学位が取得出来るコース」を用意するなど、留学生の受け入れを促進しています。学校内だけでなく、都市部を中心に外国人との共生はすでに進んでおり、東京都の20代の1割は外国人で、新宿区の2019年度の成人式では半数近くが外国籍の方でした。

 こうした日本人の労働人口減少、国内の外国人増加を踏まえ、サービスの省力化に向けてのテクノロジー開発と共に、事業発展の礎は人の採用にある、との観点から外国人採用にかじを切っていく企業が年々増えています。

画像3

※厚生労働省調べ「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(平成30年10月末現在)

海外で稼ぐ日本企業

 人口減少は市場の減少も意味します。飽和状態の国内市場だけでなく、広く発展目覚ましい海外市場へ活路を見出す、そんな日本企業のグローバル化が急速に進んでいます。

 そうしたグローバル市場への挑戦に向けて、海外で学んだ日本人留学生や日本で学ぶ外国人を採用し、チームを多国籍化させ(ダイバーシティの推進にもなっています)る取り組みを始める企業も現れました。

 ある京都の小さなメーカでは、自社製品の販路を広く海外に見出すため、「まずはその地の出身者を採用してみよう」ということで外国人の方を採用したところ、たちまち販路が出来上がったそうです。いまでは様々な国で採用し、各地域の販売戦略をその方々に任せているとのことでした。
外国人の方を採用してから社内コミュニケーションは日本語と英語が混じっているそうです。採用担当の方も「〇〇さん、どこまで日本語がわかっているか怪しいんですよ~」と言っていましたが、そこはお互いが身振り、言葉、図解など活用して、密にコミュニケーションをとっているようそうです。これは別に大きな企業ではなく従業員30人以下規模の中小企業様の事例です。

 こうした市場開拓のための「攻めのグローバル採用」を多くの企業が取り組み始めています。

 ダイバーシティの推進は収益拡大に貢献するという研究結果もあるように、企業を強くするためには人材の強化が必要不可欠です。

私たちの企画を通じて求職者と企業のただのマッチングではなく、組織を強くするきっかけを提供できるよう進めていきたいと思います。

グローバル採用はやっかい?

しかし、これまで

・留学生はなにかと扱いづらい
・日本語がネイティブ並みに話せない外国人は採用できない
・受け入れが大変そう・・

といった理由でグローバル人材の採用を避けてきた企業も少なくないように思います。

「どうやって採用したらいいのか?」
「求職者がどう考えているのか?」
「外国人を採用している企業はどう採用対象をシフトしたのか?」

などグローバル採用に挑戦しようとする採用担当の方にぜひお伝えしたい内容を紹介していきたいと思います。

そんな情報を発信するメディアのタイトルとして何がいいか、、、、
そこで生まれたのが「グロサイ」という名前です。グローバル採用、略して「グロサイ」…。非常に安易なネーミングですが、お客様が大胆にグローバル採用に踏み出すときのパートナーでありたい、という願いから「サイ」をモチーフにしたデザインとしています。

企業を強くするためのグローバル採用、
マイナビもしっかりと応援したいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。


スキありがとうございます!SNSへのシェアも是非お願いします!
14
■マイナビのグローバル採用企画事業室が運営/毎週金曜日更新■ 複数人のライターがそれぞれの経験を踏まえながら、グローバル採用に関する記事を書いていきます。 より多くの企業様がグローバル採用に踏み出せるよう、我々が少しでも力になれたらと思います。 宜しくお願い致します!

こちらでもピックアップされています

note pro自己紹介記事まとめ
note pro自己紹介記事まとめ
  • 192本

noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。