新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

企業が日本人留学生を採用する理由は?実は語学力だけではない?

皆さん、こんにちは!グロサイです🦏

 今回は企業が日本人留学生を採用する理由についてご紹介したいと思います!

1.新卒採用において様々な変化が起きている現在の日本

 近年続いている新卒採用の売り手市場においては、事業のグローバル化の有無に関わらず、優秀な人材の確保に苦戦しているとよく聞きます。特に最近は通年採用やジョブ型採用などが話題となっており、今後の変化が激しい採用市場において企業は柔軟に対応する必要があります。
 また一方で、経済産業省がDX(デジタルトランスフォーメーション)を推奨し、今後VUCA時代といった予測不可能な時代がくることに対して、企業は対応していかなければなりません。そのような変化に柔軟に対応ができる優秀な人材の確保こそが、未来への備えであり今のやるべきことだと思います。

画像5

2.企業が日本人留学生を採用する理由について

 前述の時代の変化に対応できる人材は、一概には言えませんが多くの企業がその対策として日本人留学生を採用しています。企業が新卒採用をする理由は様々なように、日本人留学生を採用する理由も様々ですが、共通しているポイントはあります。それではなぜ企業は国内日本人学生ではなく、外国人留学生ではなく、「日本人留学生」を採用するのでしょうか?そして「日本人留学生」は本当に時代の変化に対応できる人材でしょうか?毎年6月に東京で日本人留学生をメインターゲットとして大規模に開催をしている「Global Career EXPO Summer(旧:マイナビ国際派就職EXPO)」イベントの出展企業アンケートを基に解説していきたいと思います。(※「Global Career EXPO」はバイリンガル人材のためのイベントであり、国籍による入場制限はありません。)

 1) 留学生に期待しているのは、語学力や行動力など

スライド1

 まず企業が留学生に期待していることについてですが、それはずばり「語学力」です!

語学が必要な業務があるけど、外国人は採用したことがなくて、ビザやら受け入れ態勢やら色々不安だな・・
 ⇒ 語学力のある日本人を採用しよう!🙋

 上記のような理由で、やはり企業は留学生に語学力(外国語能力)を期待しているようです。
 同じく1位になったのは「行動力」。海外に留学するくらいですから、それは行動力があるとみていいでしょう!次いではバイタリティーや国際感覚などがありました。


 2) 実際国内の学生との違いを感じている部分は、主に主体性

スライド2

  期待しているものとは別に、国内の学生と違いを感じている部分は「主体性」が52%で1位となりました。その次が実行力や発信力などがあり、海外に留学した学生の方が主体性を持って行動する力があることが分かります。
 海外に留学する道を選ぶ主体性や実行力は、国内大学を選んだ人と比べて、あるとみて間違いないでしょう。そして留学先での勉強はとにかく大変で、国内大学とは全く違う大学時代を送ることになります。現地の学生に混ざって第二言語で優秀な成績を収めるために努力したことなどは、彼らのバイタリティーの高さ、優秀さにも繋がると考えられます。


3) こういった「優秀な人材の確保のため」に留学生を採用する!

スライド3

 最後に企業に留学生採用の理由について聞いた設問は、「優秀な人材確保のため」が79%と圧倒的な1位という結果となりました。前述で語学力や国際感覚などを期待しているともありましたが、たとえ語学力を使う場面がないとしても、優秀な人材の確保のために日本人留学生を採用しているのです。2位以降は、留学生採用ならではの「外国語や国際性が必要な業務があるため」や「異文化経験で培った価値や発想力などを取り入れるため」などが続いています。

会場-----

3.最後に

 今回の記事は決して国内の学生より日本人留学生の方が優秀だという話ではありません。人によって個性が違うように日本人留学生は国内の日本人学生とは違う特徴を持っています。多くの企業はこうした「語学力、主体性、行動力、バイタリティー」などを求め、それらを持っている優秀な人材の確保のために留学生を採用しています。(企業が求めている要素を持っていれば、それはもちろん国内学生留学生問わず採用していると思います!)

スライド4

 特に今回のアンケートをとった「Global Career EXPO Summer」は毎年上位校の学生も多数来場し、6月末の状況でも内定未保有の学生が80%もいます。国内の学生とは真逆の状況ですが(※)、これは海外留学中のため日本の3月解禁スケジュールに合わせることができなかったからです。そのため企業は6月の状況でも優秀でまだ内定を持っておらずこれから就活をはじめる留学生と接点が持てるのです。(※同時期国内日本人学生の内定率は70.7%/2020年卒マイナビ大学生内定率調査(6月))
 マイナビは日本の就活時期に間に合わなかった留学生のために、一時帰国のピークの6月末、約150社以上の企業と約3,000名以上の学生とのマッチングの場を提供しています。今年度は新型コロナウイルスの影響により会場での開催ではなく、オンライン型のイベントに形を変えましたが、双方のマッチングの場を提供することは変えておりません。この時期こそオンラインで優秀な留学生を採用してみてはいかがでしょうか?

 次回は日本人留学生の就職観などについてご紹介しますので、来週の記事も是非ご確認ください!

それでは今日はここまでです。
今週もお疲れサイでした!🦏



スキありがとうございます!SNSへのシェアも是非お願いします!
1
■マイナビのグローバル採用企画事業室が運営/毎週金曜日更新■ 複数人のライターがそれぞれの経験を踏まえながら、グローバル採用に関する記事を書いていきます。 より多くの企業様がグローバル採用に踏み出せるよう、我々が少しでも力になれたらと思います。 宜しくお願い致します!

この記事が入っているマガジン

グローバル採用の基礎知識
グローバル採用の基礎知識
  • 12本

外国人採用、留学生採用に関する基礎知識記事

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。